ページトップへ


株式会社セキュア様

Q : 建設BALENAを導入して良くなったところを教えて下さい。
セキュア様:
・データを3人で共有出来る事。
・全部が連動しているところです。
(今までは全てバラバラでしかも紙ベースでした。)

・ソフトがあるとそれを軸(中心・核)に業務管理を考えられるようになり、ソフトが無いと全てをゼロから自分達で考え作らなければならいので、業務フロー構築の難易度が高いため結局何も出来ない。ソフトという軸があることで、考え方がわかりやすくなり業務フロー構築が簡易になりました。(理想の業務フローが実現出来つつあります。)

・エンドユーザー様に対しては、より丁寧な仕事をしていく上で、写真付きの報告書をメール送信出来るのはとても効果的です。
現場で写真を撮影をし短時間で報告書を完成させられるのは業務効率アップに繋がっています。


JPホーム様

導入をしたきっかけを教えて下さい。

知人の紹介で商品の説明を受けた事です。費用対効果が良いと思い、ほぼ即決でした。

○導入の決め手を教えて下さい。

現場で報告書が完結する事で担当者が直帰する事が出来て、 今までは当たり前にかかっていた帰社時の交通費や帰社後の残業代がカット出来た事です。

○導入後はいかがでしょうか

無くてはならないツールになっています。 取引先各社にも積極的に紹介していきたいです。

○使用目的を教えて下さい。

報告書作成を現場で完結させる事。今までよりも簡単に報告書作成を出来るようにする事。

○主な使用者を教えて下さい。

日々現場に出ている現場監督や現場担当者です。

○導入後の改善改善された点を教えて下さい。

交通費や残業代が数分の一になりました。 現場担当者の帰宅時間も早くなり、社内により活気が生まれた気がします。

○操作性はいかがでしょうか。

シンプルで使いやすいです。特に文章をプルダウンから選択し、更に絞りこまれたプルダウンから選択していくと完成するので、 場合によっては直接入力無しで完成する時もありとても楽です。

○気に入っているところ ※今後の報告書BALENAに対してのご要望。

自社のロゴを入れられるところです。帰属意識が強まる気がします。 今後は写真データをアップする速度がより速くなれば嬉しいです。

有限会社大西サッシ様

○導入した理由を教えて下さい。

今まで使ってた見積ソフトは1人でしか利用出来ないので共有して使いたかった。また、以前のソフトはただ見積機能のみで、納期確認、取付日など大事な情報などを皆で共有し確認をするためです。

○主な使用者を教えて下さい。

社長、専務、経理、経営、営業が使用しています。

○使用目的

無くてはならないツールになっています。 取引先各社にも積極的に紹介していきたいです。

○使用目的を教えて下さい。

見積、案件(現場)管理、原価計算、データ(図面、工作図等)が全て保存出来き一元管理まで行う。

○導入後、改善された点(変わったところ。良くなったところ)を教えて下さい。

3名が共有出来るようになったので納期の確認ミスが無くなり、現調・図面・工作図・取付・運送等の全ての担当者が全て共有出来ているので、何かあった際の対応がすごく楽になりました。FAXの送受信データも全て保存出来て履歴も見れるので便利です。
ソフトは見積の計算が正確だから赤字が出ない、勘やアナログでやると赤字が出でしまう。(他社でそういうところがある)

このソフトが気に入ってるので、ネーミングを「宝(たから)」にしました。毎日ニコニコして見積してる絶対に損が出ないと思っています。

○ソフトが無いと困るところを教えて下さい。

約200社の取引先があり、1日10~15件の見積業務があるので、それらを全てアナログで行うとなると業務が継続出来ない。 よって、多くのお客様の対応が出来ない。このソフトが無かったら今の大西サッシの業務フローは大変だと思います。 紙ベースになってしまうと、今ある書棚が3倍程度に増えてしまい、事務所の人数がもっと必要になり頭でっかちの会社になってしまう可能性がある。 現在はソフトを導入し、制作職人4名、協力補助会社が5~6社。事務所は2~3人で潤滑に業務効率を上げています。

○操作性はいかがでしょうか。

わがまま言って以前のソフトに合わせて作ってもらった部分もあるのですごく使い易く、請求書発行業務などもすごくスピードアップしました。 ざっくり言うと約3~5倍は使い易いです。

○今後期待したい機能を教えて下さい。

給与計算は別のソフトにしたのでもしかしたら将来検討しています。今のところは業務全体が網羅出来ているので特に拡張したい機能は無いです。

○同業他社にも勧めたいですか。

自分たちオリジナルのツールとして考えてるので、この見積システムを使う会社が増えたら価格競争が起きてしまうかもしれないし勧めるのは怖い。

お問い合わせフォームはこちら